肌荒れしない工夫

私はもともと脂性肌でニキビなどの肌荒れを起こしやすい体質のため、夜になるとベースメイクが崩れてドロドロになってしまいます。夜勤や、長時間の外出時などは、素肌がくすんで見えないよう細心の注意を払います。
コツは、厚塗りを避けること。スポンジで付けるタイプのファンデーションや、リキッドファンデーションの上からパウダーファンデを重ねる方法だと毛穴レスな肌が作れますが、その分テカった時に化粧直しをしようとすると、崩れの原因になります。
私は、BBクリームを塗った上から、ささっとブラシをつかい、パウダーファンデを重ねるのみ。これで夜勤でもベースメイクの崩れがかなり抑えられます。化粧直しには、携帯用のスプレーミストをひと吹きした後、脂取り紙でTゾーンを抑えるだけにします。これで、素肌をやんわりカバーしつつ、少々の崩れをカバーできます。
ファンデーションは、ミネラルタイプを選ぶようにし、特に大きなブラシで付けるようになってから肌荒れが落ち着き、化粧直しが劇的に楽になりました。そして、毛穴を必要以上に埋めないようにすることです。毛穴を一生懸命埋めても、結局毛穴から出る皮脂が原因で崩れるので、素肌感を気持ち残す程度のベースメイクにしあげるようにすれば、夜勤や、乾燥する飛行機の中でもベストな素肌をキープできると思います。

肌のトラブルにもう悩まない!肌荒れしないファンデーション